薄毛を克服するために自毛植毛をするのはどうなのでしょうか?

自毛植毛にはいろいろなリスクがあるので高い料金のわりに合うのかどうか…

疑問に思います。

自毛植毛の前にあるきまった道をたどります

自毛植毛 増毛

これまでに、塗るタイプの育毛剤

育毛に効果があるサプリメント、それからプロペシアや飲むミノキシジル…

 

いろいろな方法を試してみたけど

いずれもしっくりこなかったという人もたくさんいると思います。

プロペシアとか飲むタイプの治療方法は、一定の期間は効果は見込めますが

1年以上経過するとその効果が薄れてきたりしますし

 

何よりも精力減退とか頭がクラクラしたり、心臓がバクバクしたりする

副作用もあるので途中で断念する人もいます。

 

わたしも過去にプロペシア、ミノキシジルを飲んでいましたが

ずーっとこれから先も薬を飲み続ける自信がないから途中で止めてしまいました。

できるかぎり副作用とかが無い方法はないのか…

ほんとに色々と悩みました。

ウィッグにするにはまだ抵抗があったので自毛植毛を選びました。

自毛植毛は最終手段か?あまりにも制約が大きすぎる

自毛植毛 リスク

まず、自毛植毛をする上でクリニックを選ぶのですが、

やっぱり知名度、ネームバリューで選ぶしかありません。

それから料金ですね。

 

どこの植毛クリニックでも同じですが、まずはじめにカウンセリングを受けます。

クリニックにもよりますが、専門のカウンセラーとの話し合いのみで

植毛する本数を決めることになります。

 

あれ、ドクターの診察は無いのか??

 

と思うかもしれませんけどね。

 

いやー、とにかく髪の毛増やせるなら何でもいいやって感覚の人も多いですから

あんまり違和感はおぼえないかもしれません。

まぁ、有名なクリニックだし大丈夫だろうと。

(あとから考えると…って感じですが)

 

※これはすべてのクリニックがそうだとは限りません。ちゃんと

初めて来院する日に診察してくれるクリニックもあるはずです。

 

実際に先生の診察を受けるのは、手術日当日です。

そこではじめて執刀医と顔合わせ、植える本数は妥当なのかどうか見てもらいます。

問題無ければ次に契約になります。

 

手術日までの大まかな流れを紹介すると

無料カウンセリング→オペ日の仮決め→血液検査→オペ日確定→オペ当日

こんな流れになります。

術後の経過はどうなのか?

自毛植毛 増毛

オペ当日のことは省きますが、基本的に翌日から会社にいけます。

でも翌日の診察が午前中にあるので

万が一のことを考えると仕事は翌日は休んだ方がベストです。

 

その後の経過は半年ぐらいかけて傷跡が治ってきて植えた場所の毛が生えそろって

くことになります。

 

とにかくこの期間がもどかしいです。

 

患部は赤くなっているので、もともと短髪の人はかなり目立ちます。

髪の毛がある程度長ければ、患部は隠せるので大丈夫です。

満足度はどうだったのか?

満足度は3割ぐらいでしょうか。もうちょっとしっかり生えてきてもいいんじゃなか

な…って感じです。

 

もちろん、術後の経過は個人差あるからめちゃくちゃ満足度高い人もいるのかもしれ

ないけど、基本的に自毛植毛は複数回うける人が多いです。

 

高額な費用もかかるし、術後もしばらくは経過観察しないといけないし

いろいろ考えるとコスパ悪いかなと思います。

 

それでも一番のメリットは自分の髪の毛を使っているという点です。

やはり自分の毛をなんとしてでも復活させたい!

と考える人にとっては考えてもいいのかなって思います。

 

ただ、自毛植毛は最終手段で考えて、それほど薄毛の状態が酷く無ければ他の方法を

試してみるのが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です